HISASHI KIGUCHI OFFICE

WORKS

尾鷲市「まちばな」プロジェクト

まちばなロゴ

高校生と共に歩むマーク

まちばなとは、高校生対象の地域人材育成プログラムの呼称であり、高校生に「まちのはなし」を身近に感じてもらうために名付けられたものです。2013年度、このプログラムを開発した大学の研究室と県、市町、高校が連携した2年間のプロジェクトが始動する際に、当事務所でロゴを開発しました。 「高校生が親しみを持ってこのプログラムに参加できるように」という目的を果たすために、親しみやすいアイデンティティを形成し、改変がしやすいように設計しました。

DATE:2013 / CLIENT: 慶應義塾大学 飯盛研究室 / ロゴ

まちばなの発表会の様子 まちばなグッズ

From Cliant

まちばなのロゴは、自由に使っても、もちろんカラーでもモノクロでも、小さくしても大きくしても、紙に印刷してもプロジェクターに映しても、まちばなのロゴとして存在し続ける力がありました。更に、様々なところに使ってもうるさくならないロゴだったので、より使いやすくなっていったと思います。 今回、ロゴを作っていただいて、そして積極的に活用(展開)してみて、戦略的に使うことができるロゴは、機能面で事業の推進を助けてくれるだけではなく、活用していくことで使う側に愛着がわき、関係者にアイデンティティを持たせる心理的な効果ももたらしてくれることを実感しました。そして、そうしていく間に、ロゴ自体が磨かれ、ロゴが育っていき、パワーアップしていくのを感じました。次回、依頼する時も、ロゴを使ってどんなチャレンジができるのか楽しみです。有難うございました。(まちばなプロジェクト統括リーダー 西田みづ恵 様)